花粉対策にワセリン塗布を薦める医師

「花粉症は1週間で治る」と聞いても、「本当に?」と思う人がほとんどだろう。

しかし著者にとって、そのような反応は折りこみ済みだという。

なぜなら著者自身、重度の花粉症に悩まされていたのだから――かつては。

いまや4人に1人が苦しんでいるという、国民病ともいえる花粉症。

多くの治療法や治療薬が存在するが、それらはあくまで対症療法であり、中には人体に危険なものもある。

花粉症発生の仕組みを説明しつつ、根本治癒を実現できるビタミンDを中心とした栄養療法の実例・実績を明かす! 2018年春の花粉量は?2019年春の花粉飛散予測は、東北から九州までの広い範囲で例年を上回る見込みです。

お住まいの地域の予測をご覧になっての対策をお勧めします。

関東や東北、四国で昨年よりもたくさんの花粉が飛ぶと予想されています。

ベビータウン読者に自身や子どもが花粉症かどうか、どんな対策をしているかアンケートしてみました。

みなさんも参考にしてみてください。

  老若男女問わず猛威を振るう花粉症だが、発症時期の低年齢化が進んでいる。

背景に何があるのか。

昨年3月の月曜日の朝。

寝室から出てきた記者の長男(当時3歳)の目が赤く腫れていた。

花粉症について  現在、日本人の約25%が花粉症と言われます。

花粉症とは、スギやヒノキなどの植物の花粉が原因となって、くしゃみ・鼻水などのアレルギー症状を起こす病気です。

季節性アレルギー性鼻炎とも呼ばれています。

生懸命やった分だけ
もともとそばかすに悩まされているような人は

関連記事一覧

キュッと上がった形のよいお尻は女性の憧れ

理想的な形のヒップに近づけるために自宅でできる簡単なヒップアップ体操をお伝えします。骨盤のゆがみ取り・ストレッチ・簡単ヒップアップエクササイ...

バストアップクリームで胸は大きくなるの?

今回は、カップルで出来る育乳法「彼と育てるおっぱい」を紹介。程良いボシューム感と上向きのバストは、女性なら誰しも憧れるもの。実はそれはグラマ...

小鼻部分にできた角栓を取るために

対応が開いて目立つということで頭を抱えているなら、注目の収れん化粧水をつけてスキンケアを実施するようにすれば、開いた状態の毛穴を引き締めて、...

ECナビ|英語に自信ありということであれば…。

「手に入れたいものがあるけれど、使うことができるお金が微々たるものである」と言われるのであれば、倹約を意識するよりも、ポイントサイトをやって...

質の良いオリーブオイルを利用する

お肌の基礎手入れにオリーブオイルを使用する人もいます。オリーブオイルでお化粧落としをしたり、お肌の保湿のために塗ったり、小鼻の毛穴の皮脂づま...