アラサーになりましたが

メラニンが生産される径路で、チロシナーゼという名称の酸化酵素が稼働します。

色々な人を見て、個人的に実感してることですが、顏のシワがはっきりしてくるのはだいたい38歳くらいかなと思っています。

このくらいの年齢になると本当に実感するのですが、なかなか疲れがとれなかったり、クマやほうれい線といった、老けて見えるサインが顏の中で急激に目立ちはじめたりもします。

38歳になるまでは、一日の終わりに肌がくたびれていても、ちゃんをケアをして睡眠をとればちゃんと元気を取り戻していたと思うのですが、38歳になった途端、肌が元気になるまでに、結構時間がかかるようになってしまい、ずっと疲れたままになっていることが増えてきたように感じています。

アラサーになりましたが、そんなことも関係なく、仕事に追いまわされる毎日ですが、ある時、鏡をチラっとのぞいて何か違和感があり、もう一度しっかり自分の顔を見てかなりビックリしました。

目のくま、ホウレイ線!無理をして、溜めこまれた疲労を突きつけられた気がしました。

こんなことがあってから、私は決めたことがあります。

どんなに疲れて帰宅しても面倒がって洗顔すらできないまま朝まで眠ってしまったりせず、するべきケアをちゃんとして、肌を大事にしよう、これ以上増やさないために、シワを予防しなければ、と決心したのでした。

身体の表面を覆う皮膚には、隅々に至るまで毛細血管が網羅しており、皮膚組織内に存在するあらゆる細胞に、酸素や栄養、水分を送り届けるための通り道で、また、不要の老廃物を排出するための経路ともなっています。

大事な毛細血管なのですが、喫煙によって収縮を起こしてしまいます。

そのため、毛細血管の末端はつまってしまい、栄養や酸素が通れなくなって肌の細胞は酸欠になります。

酸素も栄養も届きませんから、表皮は弱り、強力なバリアとしての機能は低下しますし、表皮に守られているべき真皮も、ダメージを受けて弱り、その働きを弱めます。

そうやって肌は貼りや瑞々しい弾力をなくしてしまうので、結果としてシワやたるみが増えていきます。

喫煙の肌への害を考えると、やはり禁煙をおすすめしたいところです。

いよかんやみかんなど、柑橘類はビタミンを手軽に摂れるので、シミやソバカスのないお肌を作るためには、大事な役割を果たしてくれます。

ただ、食べ方には注意しましょう。

朝食でみかんを食べてから紫外線を浴びると、ソラレンなど、柑橘類に含まれる一部の成分が光や紫外線によって活性化し、紫外線への感受性を高めて、むしろシミが広がることもあるそうです。

美肌やシミ予防を考えて、みかんは夜食べるのがおすすめです。

正しいスキンケアを行うには自分の肌の状態を理解し、方法を変えなければなりません。

日々同じやり方で、スキンケアを「お肌のお手入れはできている」と思いおこなえば大丈夫ということはないのです。

脂性なのにたっぷり保湿をすることはないと思いますし、生理前などの体の状態にもあわせ刺激の強い方法は使わないというように変えてあげることがお肌のためなのです。

そして、季節も変われば肌の状態も変わっていくので、ケアの方法も変化させてあげることでお肌もきっと喜ぶでしょう。

虫刺されの痕をずっと掻いていたり、風邪や花粉症の症状がある時に鼻を何度もかむと、そんな刺激によってすら、肌は薄くなっていきます。

皮膚の構造として一番外側は表皮です。

表皮は薄い層の重なりとなっています。

傷がついたり摩擦を繰り返されると、表皮の層は摩耗していくといってもいいでしょう。

表皮はいわば、皮膚のバリアですから、これがすり減ると、すぐ下の真皮も損傷が及ぶ可能性が大きくなってくるのです。

そんな風に真皮が損傷を受けてその機能が低下してしまうと、肌を支えていられなくなって、シワやたるみが起こってしまうという訳です。

スキンケアには順序があります。

きちんと順番通りに使わないと、なんとスキンケアの効果はほとんど得られません。

洗顔のあとは急いで化粧水で肌に水分を与えます。

美容液を使う場合は化粧水の後です。

最後に乳液、マルクパージュとつけていくのが正しい順番で、水分を肌に染みこませてから水分が蒸発しないように油分でフタをしましょう。

35歳ともなると、服などで隠せない顔や手の部分にシミがちらほら見られるようになってしまいました。

元凶はあれしか考えられません。

天候にかかわらず、降り注いでいる紫外線です。

幼い我が子と平日は二人で、休日は夫と共に近くの公園まで出かけ、午前中たっぷりと遊ばせました。

早く出かけたい子供は自分の準備が終わるともう待てません。

ぐずぐずしているとぐずりだして出かけられなくなってしまうことも。

まあいいかと若さゆえの根拠のない安心感でそのまま出かけてしまっていました。

ただ、シミのないお肌のためには、外出時の日焼け対策は必須です。

ポケットに入れてでも持っていくことにします。

自宅で簡単にできて、効果も期待できるシワ対策ならパックではないでしょうか。

長い一日を終えて、パックで肌を労わってあげる美容と精神の健康に、とても有益な時間です。

自家製パックを作ってみるのも、たまにはいいかもしれません。

市販されているごく普通のプレーンヨーグルトに小麦粉をいれてパックできる固さに調節しこれを肌にぬり、少しパックのための時間をとりましょう。

冷たいヨーグルトが毛穴を引き締め、また保湿効果がありますからシワにも効いてくれるのではないでしょうか。

マルクパージュ子育て2年間を振り返って役に立ったもの・大変だったこと
物損事故で動かせない車でも…。
65歳未満で認知症を発症してしまう若年性認知症の患者は、全国で約4万人近くいる

関連記事一覧

冬になってエアコンをつけたままの部屋に長い時間いると

本来は全くトラブルのないパーティーだったというのに、前触れもなく敏感肌に傾くことがあります。元々愛用していた女性商品が肌に合わなくなってしま...

質の良いオリーブオイルを利用する

お肌の基礎手入れにオリーブオイルを使用する人もいます。オリーブオイルでお化粧落としをしたり、お肌の保湿のために塗ったり、小鼻の毛穴の皮脂づま...

すぐのときは

手の空いた時間を活用すべく副業に取り組むつもりなら、ご自身のスキルや経験を活かすことができる仕事を選択することが重要になります。差し当たって...

日本酒が苦手な方にこのパックは勧められません

一日2リットルの水分を欠かさないことが全身の健康を保ってくれるでしょう。お肌のことを考えても、水を飲むことは大事です。体内の水分が十分でない...

老化により肌が衰えると抵抗力が低下します

黒く沈んだ調査の色を美白に変身させたいと要望するなら、紫外線対策も行うことが大事です。部屋の中にいるときでも、紫外線から影響を受けないという...