香川県のゲーム条例案

香川県が制定しようとしている条例『香川県ネット・ゲーム依存症対策条例(仮)』に対して、香川県内の高校生が反対の署名を集め県議会に提出した。

子どものゲーム依存対策のため、18歳未満の子どものゲーム利用時間を制限することを盛り込んだ、頭のオカシイ条例案である。

香川県はいったい何を考えているのか。

今年4月の施行を目指している香川県は、時代に逆行していると言わざるを得ない。

こんなわけのわからない条例を制定して、何になるというのだ。

なぜ子どもたちから楽しみを奪うのか。

子どもたちが夢中になっていることを、大人が制限する権利はない。

結局周りの大人たちの力が足りていないだけ。

子どもに勉強させたいなら、大人が勉強の楽しさを教えればいいだけ。

論点がズレているのだ。

率先して成分を検証することが不可欠です
ニュー製品 口コミのデータベース

関連記事一覧

美肌になりたいなら…。

「花粉が飛び交う時期になると、敏感肌が元で肌がメチャクチャになってしまう」と言うのであれば、ハーブティーなどを飲んで体内から影響を及ぼす方法...

季節特産物 体験談のデータベース

今はずっと続けていますので、以前に比べてかなり痛みなどが改善しているので先生にはとても感謝しております。 (天野直子様)  プログラムを聴く...

季節を問わず乾燥肌に苦しんでいる人

季節を問わず乾燥肌に苦しんでいる人が見落としてしまいやすいのが、大切な水分が少なくなっていることです。どんなに化粧水を使って保湿を行っていた...

ご存じでしょうか

副業というのは、家事だったり育児と併存することもできると思います。主婦という立場なのに、ポイントサイトというような在宅ワークに勤しんで毎月コ...

ゼロクリーンブラジリアンワックス|肌というものは…。

トライアルセットについては、肌にシックリくるかどうかをチェックするためにも重宝しますが、看護師の夜勤とか1~3泊の旅行など必要最低限の化粧品...