香川県のゲーム条例案

香川県が制定しようとしている条例『香川県ネット・ゲーム依存症対策条例(仮)』に対して、香川県内の高校生が反対の署名を集め県議会に提出した。

子どものゲーム依存対策のため、18歳未満の子どものゲーム利用時間を制限することを盛り込んだ、頭のオカシイ条例案である。

香川県はいったい何を考えているのか。

今年4月の施行を目指している香川県は、時代に逆行していると言わざるを得ない。

こんなわけのわからない条例を制定して、何になるというのだ。

なぜ子どもたちから楽しみを奪うのか。

子どもたちが夢中になっていることを、大人が制限する権利はない。

結局周りの大人たちの力が足りていないだけ。

子どもに勉強させたいなら、大人が勉強の楽しさを教えればいいだけ。

論点がズレているのだ。

率先して成分を検証することが不可欠です
ニュー製品 口コミのデータベース

関連記事一覧

それまではまるっきりトラブルとは無縁の肌だったはずなのに

お風呂に入っている最中に体を力いっぱいにこすったりしていませんか?ナイロンなどの化繊のタオルでこすり過ぎると、肌のバリア機能が働かなくなるの...

この時期だけは

副業としてアフィリエイトに取り組むようにすれば、僅かな額でも毎月コツコツと稼げることになるでしょう。誰もが気楽な気持ちで開始できるのが在宅ワ...

肩こりの解消が上手くいった

経験者にしかわからない辛い腰痛は色々なきっかけで出るので、病院では問診や視診および触診、症状に応じてレントゲンやMRIなどの画像検査をするこ...

日常的にていねいに正常なスキンケアを続けることで

毎度ていねいに正常なモイスチャーを大事に行うことで、5年先も10年先もくすみや垂れ下がった状態を自認することがなく、ぷりぷりとした凛々しい肌...

転職サイトで探したり転職アプリを駆使

実際に、転職を考える時に重要になってくるのは、おびただしい数の求人の中から自分の希望に適したポストや職場を探し出すことです。それを実現するた...